痛みを感じない治療とは

痛いと感じる前に

多くの歯医者さんでは、治療前に治療の痛みに関するカウンセリングを行っています。虫歯治療イコール痛いと感じる患者さんが増えており、虫歯治療に対する抵抗が高いことも歯医者さんは理解しているのです。そのうえで、これからも虫歯治療に対する抵抗を上げないためにカウンセリングをします。虫歯治療に対する抵抗が高いと、今後、歯医者さんに通うことすら避けてしまう可能性があるからです。
多くの患者さんの口腔内の健康を守るため、歯医者さんは痛みに弱い方には、より痛みを感じないための治療を推奨します。とくに一般的なものは、痛みを感じる前に投薬等によって処置する治療です。
治療前に鎮痛剤や麻酔を使用し、痛みに対する不安感を払しょくしてから治療を始めることで痛みを感じることなく虫歯治療を進めることができます。

削らない虫歯治療も進化

痛みを感じない虫歯治療としては、痛み自体を麻酔や薬などで静めてから治療するというのが一般的ですが、近年ではより画期的な治療も進められています。それが削らない治療法です。患部を特殊なレーザーで溶かし、虫歯を取り除くという方法により、削る際の衝撃を感じることなく治療を進められます。
レーザーによる治療は、衝撃が少ないだけでなく、虫歯の患部を大きく削らないため、歯そのものに対する負担も少ないのがメリット。自分の歯をなるべく残して治療をできるという利点もあります。虫歯の進行具合によって使用できるか否かに制限は生じますが、一般的な虫歯治療で使用することで治療時間も少なく、加えて虫歯治療に対する抵抗も挙げずに治療を進めることができます。


この記事をシェアする